« いい広告は、心に効く。 | トップページ | 人の幸せをつくる幸せを、かみしめよう。 »

2010年2月28日 (日)

会社にはアフラックダックの池があるそうだ。

1trivia_photo_01 

アフラック保険CMのアヒルが、どうして生まれたのか。AflacのCEOのエイモス氏が、エピソードを寄稿していたのでご紹介(Harvard Business Review 2ー2010)。

アフラックの売上166億ドルの内、70%が日本からの売上だそうです。随分と日本でアヒルCMが受けたようです。

この米国生まれのアヒルは、広告会社数社の競合で、ニューヨークの広告会社がAflac Duckを考えたのですが、アイデアを考えている最中に「ところで、我々は、なんという会社にプレしてるんだっけ?」と多分、徹夜明けで頭がぼーっとした制作が聞いたのでしょうね。

少し頭にきた営業でしょうか"It's Aflac-Aflac-Aflac-Aflac."とプレで間違えられても困るので、繰り返して印象づけたようです。

それを聞いていたもうひとりが「なんか、アヒルの鳴き声みたいだな」。この瞬間に、アフラックのアヒルが生まれました。

社名強調のアヒル案が気に入ったエイモス氏が「保険の相談を友達としている男に向かって、アヒルが”Aflac”と鳴くんだ」といろんなところで説明しても、沈黙が流れるだけだったそうですが、強行:

http://www.youtube.com/watch?v=-kYYwMLQ38E&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=js4tTg7VCDo&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=ks-e6VAhSGc

米国での社名認知度は、2年間で67%、今日では90%を達成。米国の初年度の売上も29%アップ。

日本のCMスタッフが、”MANEKI NEKO DUCK"をつくり、これを米国に逆輸入しようとエイモス氏は考えているそうですが、その際、どう説明すればいいのか、まだ答えが見つかっていないそうですが:

http://www.youtube.com/watch?v=kWUBGkgXftw

http://www.youtube.com/watch?v=yFaz71N70Nc&feature=PlayList&p=938FD9E2B902F352&index=0&playnext=1

日本のCMをつくっている方には悪いけど、”招き猫+ダック”は、やり過ぎ。最初のシンプルなアフラックのアヒルだけの方が、アイコンとして強いと思いますが、いかがでしょうか。

キューピーヘッド9545764 世界の成功キャンペーンを集録したサイトです。ご覧ください。

|

« いい広告は、心に効く。 | トップページ | 人の幸せをつくる幸せを、かみしめよう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 生命保険の選び方 | 2010年9月19日 (日) 01時48分

うれしいコメントに感謝です。

投稿: キューピーヘッド | 2010年9月19日 (日) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1171450/33563715

この記事へのトラックバック一覧です: 会社にはアフラックダックの池があるそうだ。:

« いい広告は、心に効く。 | トップページ | 人の幸せをつくる幸せを、かみしめよう。 »